2009年10月03日

猿の軍団

ハンペン様、UP様、がヴぁどん様
コメント頂きましてありがとうございます。

すっかりご無沙汰してしまいました。
自分のブログにアクセスしたのも久しぶりなのでありますが・・
(というのもおかしな話ですね・・・あせあせ(飛び散る汗)

皆様同じ年代の方のようで、なんだか嬉しい気持ちになりますグッド(上向き矢印)

「猿の軍団」を見て下さっていた方が多いようなので
今回は「猿の軍団」の話で・・

撮影は朝早く(朝6時に日活撮影所集合)とかが多く
以前も書きましたが、結構キツいスケジュールでした。
正直、半年間の撮影でしたが早く終わって欲しかったです。

でも今思えば、共演者の方も(徳永れい子さんには大変お世話になりました)とても良い方ばかりで、とても懐かしい番組のひとつです。

忘れられない思い出は、
徳永れい子さんと、次郎ちゃん役の梶君と
ぺぺ役の滝田一恵ちゃんと一緒に
多摩川の土手でUFOを見た事です。
徳永れい子さんの車で、夕方撮影所から調布駅まで送って頂く途中
キラキラしたシャンデリアのような物体を発見し
土手に車を止めてみんなで見たのです。
でもあっという間に消えてしまいました。

そして翌週の<木曜スペシャル>で同じ型のUFOが紹介されていました。

この目で見たものの、未だに半信半疑なところがあるのですが・・。
あれは一体なんだったのでしょう。











posted by hiroko.s at 00:52| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 多摩川の土手でユリカちゃん一行がUFOを見る…まるで劇中のシーンが現実になったような不思議な光景ですね。もっとも滝田さんは、お猿顔ではなかったはずですが(笑)。(5月6日掲載の集合写真。よく見ると斉藤様の前にいる滝田さんの目の周りがお猿メイクで真っ黒なのが可笑しいです。パンダみたいで)。

「猿の軍団」の撮影はかなり過酷だったのですね。ユリカちゃんが山の猿にさらわれる回は、火災や火山弾の中を逃げ惑うクライマックスで、肉体的にも大変そうでした。自分をさらった猿を許せないまでも、その孤独な心情を少しずつ理解していくユリカちゃんの演技がとても良かったです。

「バロム1」の健太郎役の高野浩幸さんが、インタビューの中で、人物の状況や心情を子供なりに考え、一生懸命演技したと話されてました。斉藤様の場合は、どんな姿勢で演技に臨んでいたのでしょう。
 
 次回の更新も、楽しみにお待ちします。
Posted by がヴぁどん at 2009年10月04日 06:34
こんばんは
2回目の投稿になります。
猿の軍団にも劇中UFO出てましたよね?
当時は木スペとかのUFO番組ありましたね〜
今は昔みたいにやらなくなりましたが
私も何を隠そう2度ほどこの世のものとは
思えぬ飛行物体に遭遇しています。
あれはどこかの星から飛行してきたのでしょうかね。
そのうち素性が明らかになる日がくるのでしょうか・・・・
Posted by ぐっさん at 2009年10月04日 21:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。